小説86

 そんな10月も終わりに近づいたある日、午前中で講義を終え学食で昼食を摂っていたぼくに唐沢が近づいてきた。両手にあの強敵であるカツ丼がのったトレイを持って。
「今日は終わりか」
そう言いながらぼくの向かいの椅子に腰を下ろした。
「ああ」ぼくはそれだけ言って、残りのみそ汁を飲み干した。
「なんだ、そっけないな。」唐沢は今から戦う強敵との準備のために手のひらをこすりあわせながらぼくを見た。
「オマエに話があったんだよ」
そう言いながら、彼は強敵との戦いを開始した。ぼくはしばらく彼等の戦いの様子を眺めていた。今日の敵は思いのほかポテンシャルを秘めているようで、彼等の戦いは長引きそうだった。
「オマエ、美貴ちゃん憶えてるだろ」途中、休憩するように時々顔を上げて唐沢が口を開いた。
美貴ちゃん?一瞬ぼくは誰のことかわからなかったが、すぐに思いついて答えた。
「美貴ちゃんって、GHの嶋村美貴のことか?」
「そう、その美貴ちゃん。オマエに会いたいって言ってるらしいぞ」
ぼくは、高円寺でのあの短い時間のことを思い出していた。
[PR]
by ktaro1414 | 2008-06-20 13:17 | STORY